企業研修

これからのQBをデザインする

-個人が輝くチームビルディング-

LEGO®SERIOUS PLAY®のメソッドと教材を活用した研修

2018/06/02

同じテーマ、同じパーツで作ったのに、同じ作品は1つもないこと気づく

プロジェクトについて

株式会社クオーターバックの社内研修デザイン及び講師を担当しました。

 

本研修は、以下の3つを目的にワークデザインを行いました。

1.  対話とリフレクションを通じて、組織・チームのアイデン

ティを探る

2.  他者とのちがいを楽しむ

3.  一人ひとりが自分のありたい姿を考えるきっかけにし、具 体的なアクションをさぐる

LEGO®SERIOUS PLAY ®とは、専門のファシリテータによる、会議やコミュニケーション、問題解決などの技法です。ブロック使い協働して成果物をつくる参加型のアプローチを取ります。

参加者同士が、自らが創った立体的なモデルを通して知識の共有や、問題解決と意思決定を図ります。一般的な会議の中では生まれづらい、参加者全員参加を目ざし、合意した結果の実現の為に、各自の行動のコミットメントを得る場を目指して実施されます。

 

今回の研修では、組織・チームのアイデンティを探るための問いをたて、ブロックを活用し、つくって・かたって・ふりかえるプロセスを踏みました。

アイデンティティは複雑で進化する「もの」、誰も何であるかは決められるものではなく、それはチーム・組織一人一人によってつくられ、感じとられるものであるとうスタンスのもと設計いたしました。

株式会社クオーターバック

unworkshop

「私をやる気にさせるもの」というテーマで対話を行い、仲間の新しい側面を発見

1/2

関連リンク