ワークショップ

こども+おとな+夏の美術館

「パターンをデザインして道具箱をつくろう」

夏休み造形ワークショップの企画実施

2018/07/29

群馬県立近代美術館

unworkshop

プロジェクトについて

ウィリアム・モリスの壁紙を参考にオリジナルのパターンをデザインして、自分だけの道具箱を素敵に飾るという造形ワークショップです。

本ワークショップは、群馬県立近代美術館で行われる企画展示「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」(期間:2018年7月7日〜8月26日)に関連して行われ、夏休み特別企画「こども+おとな+夏の美術館」の1企画としても行われます。

 

DTPソフトを使えば簡単に「パターン」をつくることが可能になりましたが、今回はDTPソフトは一切使わず、アナログなツールと、プリンターを使い、パターンデザインを行います。

生活と工芸を統一しようと考えたモリスの思想をベースに、このワークショップでは、身近な発想を元にパターンをつくりあげること、そしてそれを身近なモノに落とし込むマインドを学ぶことを目的としています。

 

本ワークショップに関する申し込み・問い合わせ先は下記になります。

-----------------------------------------------------------------------------

群馬県立近代美術館 教育普及係

TEL: 027-346-5560

E-Mail: bijutsu(アットマーク)pref.gunma.lg.jp

-----------------------------------------------------------------------------

ご興味・ご関心ある方はぜひ、お申し込みください。

 

<2018.7.3現在>

本ワークショップは好評につき、満席になっているようです。大変心苦しくはございますが、「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」関連ワークショップで、予約不要のものもありますので、ぜひ展覧会に足をお運びいただけましたら幸いでございます。

企画ページ: http://mmag.pref.gunma.jp/art-event/summer2018.htm

「こども+おとな+夏の美術館」フライヤー(PDF 3.3MB)